日本語ドメインの名前の決め方

前回書いた日本語ドメインについて補足です。

一番よいのは、上位表示したいキーワードそのままのドメインですが、そういうのはすでに空いていないことがほとんどです。
と、
しかし、安心してください。

キーワードそのままでなくても、キーワードを含んでいれば効果はあります。

たとえば、「青汁 比較」での上位表示を狙う場合に「青汁比較研究.com」のようなドメインを使うことが考えられます。

ちなみに、このサイトは私の知人がつくっているサイトで、彼はこの方法で青汁以外の健康食品などのサイトでも成功しています。

「キーワード○○」のパターンとしては、「○○」の部分に「ナビ」「研究」「広場」「情報」などなど、結構いくらでも考えられますし、どれでも構いません。

ただし、Googleは完璧ではないので、単語としてきちんと分かれる言葉を使うことが大前提です。

また、欲張って詰め込みすぎる(「青汁比較ランキング」のように全てがキーワードとか)と最悪の場合は逆効果になってしまいますので、注意が必要です。